生命保険会社の取扱い保険

損害保険会社の取扱い保険

医療保険

学資保険

その他の保険

保険とは万が一何かが起きた時に、金銭的な損失や負担を減らすために、皆で助け合う相互扶助の仕組みの事をいいます。何かがあったら保険会社が助けてくれるように思いがちですが、実際にお金を負担しているのは保険をかけている人々みんなであり、不慮の事故が発生した時に、保険会社が人々からプールされたお金の一部を事故にあった者に支払うという仕組みになっています。

正確には、保険の契約者は保険料というお金を出し合い、保険事故が起こった場合には、事故にあった被保険者に対して、支払いを引き受ける保険者(保険会社等)が保険金を支払うという流れになります。

保険には様々な種類があります。まず保険者として民間の保険会社が担当しているもの、公的機関が担当しているものという分類に分けられます。

保険の種類としては、生命保険会社が担当しているものと、損害保険会社が担当しているものとに分けることができます。

生命保険会社は、人の生死に関わる保険を主に扱っており、中でも、被保険者が死亡した場合に支払われる死亡保険と、被保険者が病気になった場合に支払われる医療保険に大きく分類できます。ガンに特化したガン保険や、女性特有の病気に対する女性保険なども医療保険の仲間といえるでしょう。

一方、損害保険会社は、不慮の事故に関わる保険を扱っています。傷害保険は、被保険者が事故でケガをした場合などに関する保険です。自動車保険は、車による事故にあった時のための保険です。火災保険は、家屋が家事になった時の保険で、地震被害時の地震保険なども火災保険の仲間といえるでしょう。

最近の保険には不幸な出来事に関する時のためのものではなく、将来想定された出費に対する保険もあります。子供の育成や教育費用のための子供保険・学資保険、老後の生活の為の年金保険などが該当します。

他にも起こりうる様々な経済的支出のために、いろいろな種類の保険があるので、どのような保険があるかを知っておく事は人生を無駄なく生きる為に大切な知恵となってくるでしょう。